牛丼を考える(2
  たかが牛丼、されど牛丼、である。個人的には吉野屋的
 牛丼が丼として食べるには最適かと考える。

  パっと見は非常に薄い肉が使用されていて、実に安物風
 であるが、ご飯と一緒に掻き込むにはそれが実に丁度よい。
 やはり、丼とはがつがつ食べる物で上品にすべきではない。

  さて、食事処で「牛丼」と言って出て来うる物を挙げて
 見よう。種類的に分けて見る。

 その1、吉野屋的牛丼。

  そう、上で書いたように「薄い肉」が使用されていて
 安物っぽいが本当に安い。いわゆるチェーン店で出される
 牛丼はほとんどがこのタイプ。卵はオプションで生卵が
 注文出来る。卵が欲しい人は注文して自分で掛ければ良い。
 これはこれで、卵入れるのがダメな人も変に断る必要が
 無くて実に良い。が、しかし、玉子閉じ が好きな人は
 そのように出来ないのがもどかしいかもしれない。
 はっきり言って玉子ご飯にしかならないのだ。が、中には
 卵に醤油を入れて明らかに玉子ご飯化を狙う人がいるのも
 確かな話し。でも僕は思う。醤油入り卵掛けたら味の
 バランス崩しまくるのですでに別料理ぢゃ!
  肉は確かに薄いのだが量で十分にカバーされているし
 薄いので柔らかく、ご飯と掻き込むには丁度よい。
 適度に入っている脂身が良い旨味を出していて良い。

 その2、料理屋的牛丼。

  これは牛丼だけで¥700くらい取られてしまう、
 そういうやつ。大抵、入っている肉は焼肉用なちょっと
 厚めの物が使用されていて、玉子閉じである。見た目
 高級感は有るものの、食べにくい。掻き込めない。
  よほど当たりの店でないと肉も固い。どっちかと言えば
 敬遠すべき物だなぁと思う。

 その3、ドライブイン的牛丼。

  値段的には吉野屋的牛丼に近いものの、内容が違う。
 いわゆるレトルトぶっかけご飯である。どうも最近は
 同じレトルトが流行っているのか、不思議と同じのが出る。
 最初に笑わせてくれるのが、具にコンニャクが入って
 いる事。さらに笑わせてくれるのが同じ店で
 「肉うどん」を注文すると、なななんと同じレトルトが
 入っている。具にコンニャク、タマネギが入っているのは
 こういう所でしか食べられない。普通のネギなら
 わかるんだけど。

 その4、レトルト的牛丼。

  上述のとはまた違い、グリコとかから出ている
 1杯丼。ちょっと甘すぎな感は有るもののグリコのが
 もっともおいしい。1杯中華丼が結構好きだったり。
 ハウス食品のはちょっと合わなかった。


結論からして、吉野屋的牛丼がおいしい。
# 単なる安物好きとも言うかも(^^;)


Go back.

If you have any question, please contact to me.
e-Mail to SHIMSOFT.