MACH2p

 さて、我が家に念願のX680x0用SCSI2インターフェースカード、
「MACH2p」がやってきてから 早半月くらいが過ぎ去ろうという中、
1999年大晦日の一日前・・・いわゆる「大晦日イブ(ぉ」に肝心のXVI本体が
修理から帰ってまいりました。

 そのまま大晦日はY2K待機モード等 イロイロ重なりまして、最低限の
動作確認をしたまま、記念すべき西暦2000年を迎えたのであります。
それぞれの対策がきっちりなされていたというのも影響しているのでしょうが、
最初に騒がれていたほどには 何も起きないで良かった、良かったというべきでしょうか。
備蓄してしまった人は なんとも 切ないかも知れないですが。

 それはともかくとしまして、XVIちゃんに取り外されていたオプション品を
ゴタゴタと取り付けまして(Xellent30 / XpanderIV / ま〜きゅり〜ゆにっと / MIDI Board x2)
正常動作するところまで確認とりました(^-^)
んで、早速というかなんというか、MACH2pを取り付けましてですねぇ。
ウニウニしてみました。

 正常動作状態に持ち込むまでにちょっと苦労してしまいましたね。
それもこれもXellent30との組み合わせのせいだったのですが。
MACH2pそのものの認識は簡単にするのですけれども、Xellent30用の
SRAM常駐プログラム、これとの併用環境をうまく立ちあげるのに苦労しました。
MACH2pのマニュアルの手順で言うと、
 1 >ch30inst -r      ユーティリティのSRAM常駐解除
 2 >ren ch30.sys *.org
   >ren ch30_omake.sys ch30.sys
               ch30_omake.sysをch30.sysに改名する。
 3 >ch30inst     ユーティリティの再常駐
という風にXellent30のユーティリティをch30_omake.sysに変更するように
なっていたのでした。もともとch30_omake.sysを利用していたので
何も気にせずに MACH2pのユーティリティを起動したらば、、、ん?
HDDが見えてへんやんか。
ん〜、SRAM常駐解除・再常駐をしてみる、、、うぉ〜〜 なんてこったぁぁ!!
68030モードで起動しなくなったぁぁぁぁ(T-T)
なんで? なんで!? なんでぇぇぇぇ!!??

「もしかして めっちゃ相性悪いんとちゃうのかいな!??」

実際、MACH2pのマニュアルには、
「ま〜きゅり〜ゆにっとと併用する」
「Xellent30と併用する」
と注記があるのです。 みゅ〜??
「両方と併用する」というのが無いから それは無理とかぁぁぁ????

Xellent30のマニュアル(ch30_omake.doc)を読み直す・・・・ん〜
起動時のCPUの設定・・・ふむふむ、[XF1]を押しながらやねぇ〜・・・
うぅ、選択画面も出てこんしぃ(T-T)
更によくよくマニュアルを見ると、「SCSI起動選択は[XF5]」なるほど〜。
[XF5]を押しながら〜〜・・・ おぉ、MACH2の選択肢は有るけれども、
そこにカーソルが動かへん。

ch30inst -r (SRAM常駐解除)して、いろいろやったら MACH2p経由で
HDDから起動できた。んでもって  再度 ch30inst すると、HDD起動出来なく
なったっす。みゅう〜〜〜〜 68030モードにもならんですぅ。

んで Xellent30のマニュアルを更にじっくり読んでみると、、、
あぁそうだ、すっかり忘れていた。Xellent30とま〜きゅり〜ゆにっとを
共存させる為にXellent30のディップスイッチを変更してあって、
ch30instにオプションが必要なのでした。

>ch30inst -s2

そうすると、ちゃんと68030モードに切り替わるようになりました。
しかし、相変わらずHDDが認識不能に陥るのでした。
いろいろ試行錯誤した後、SRAMクリアーを強行してみました。
んで、MACH2pから起動した後に再度、

>ch30inst -s2

そして再起動すると・・・ うひょ〜〜〜〜〜 MACH2pへの切り替え成功♪
68030キャッシュOnモードで起動成功♪ したのです。

というわけで、Xellent30ご使用の方は、一旦SRAMクリアーして、
MACH2pの設定をきちんとして、SRAM常駐ユーティリティをその後に
再常駐した方がよろしいようです(^-^)

さて、そんなこんなで 環境が整いましたので、
ディスクのベンチマークなぞを少々。

テストに使用したディスクの情報は以下の通り。
>askscsi 4
Machine CPU	: 68030
Machine ROM	: 1.1 91/01/11
Interface	: Internal SCSI Interface - ROM Level=0004
ID		: 4
Inquiry-Unique	: "nEC     DSE2100S        0307"
		: (Lbender Lproduct        Lrevision)
Inquiry-Device	: Direct Access Device
Inquiry-RMB	: Unremovable
Inquiry-Version	: ISO=0 ECMA=0 ANSI=2 (SCSI-2)
Inquiry-Restype	: CCS
Block capacity	: $3EF040 (2014MBytes)
Block size	: 512
Cylinder size	: $3F0 (by MODE SENSE)
Sec/Track size	: $03F (by MODE SENSE)
Number of Head	:   16 (by MODE SENSE)
Format		: X68000 (Human68K SCSI-DISK by Keisoku Giken)
		  $00	"Human68k"         [Boot   Active] Start=$000040 Size=120MByte
			 SecSize=$0400 CluSec=$0002  FATSec=$0001 FATCnt=$0002
			 RootDir=  512 MaxSec=$01E000 MediaID=$F7 FATSiz=$0078
		  $01	"Human68k"         [Unboot Active] Start=$03C040 Size=120MByte
			 SecSize=$0400 CluSec=$0002  FATSec=$0001 FATCnt=$0002
			 RootDir=  512 MaxSec=$01E000 MediaID=$F7 FATSiz=$0078
		  $02	"Human68k"         [Unboot Active] Start=$078040 Size=300MByte
			 SecSize=$0400 CluSec=$0008  FATSec=$0001 FATCnt=$0002
			 RootDir=  512 MaxSec=$04B000 MediaID=$F7 FATSiz=$004C
		  $03	"Human68k"         [Unboot Active] Start=$10E040 Size=473MByte
			 SecSize=$0400 CluSec=$0008  FATSec=$0001 FATCnt=$0002
			 RootDir=  512 MaxSec=$076400 MediaID=$F7 FATSiz=$0078
		  $04	"Human68k"         [Unboot Active] Start=$1FA840 Size=300MByte
			 SecSize=$0400 CluSec=$0008  FATSec=$0001 FATCnt=$0002
			 RootDir=  512 MaxSec=$04B000 MediaID=$F7 FATSiz=$004C

外観上はI/Oデータ製の2GBドライブなのですが、中身はNEC製のメカが内蔵されています。
で、XVI標準の内蔵SCSIでのベンチマークテストの結果は以下の通り。

>dskbench 4
X680x0 DISK Benchmark Version 0.26 Copyright 1993 じゃぎゅあ
Original program:
ASPI SCSI benchmark test V0.2 
 copyright(c) by Tsuru-Zoh, Nov.23,1992

  Initiator is ID7     : SHARP   X68030          0004
  Target device is ID4 : nEC     DSE2100S        0307
  512 Bytes per sector, capacity is 2014 Mbytes.
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
        Test mode       |    result   |  Poor |   OK  |  Good | Great | Superb|
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Test unit ready command|    0.5[ms]  :*********************************
 No motion seek command |    1.1[ms]  :****************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Sequential seek command|    2.4[ms]  :*******************************
 Random seek command    |   15.4[ms]  :*************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Seq. read    512B/read |  205.5[KB/s]:*****
 Seq. read  16384B/read |  732.8[KB/s]:***************
 Seq. read  65536B/read |  780.8[KB/s]:****************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Rnd. read    512B/read |   22.5[KB/s]:*
 Rnd. read  16384B/read |  380.8[KB/s]:*************
 Rnd. read  65536B/read |  640.0[KB/s]:**********************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+

んで、MACH2p経由の時の結果が以下の通り。
X680x0 DISK Benchmark Version 0.26 Copyright 1993 じゃぎゅあ
Original program:
ASPI SCSI benchmark test V0.2 
 copyright(c) by Tsuru-Zoh, Nov.23,1992

  Initiator is ID7     : SHARP   X68000          0016
  Target device is ID4 : nEC     DSE2100S        0307
  512 Bytes per sector, capacity is 2014 Mbytes.
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
        Test mode       |    result   |  Poor |   OK  |  Good | Great | Superb|
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Test unit ready command|    0.5[ms]  :*********************************
 No motion seek command |    1.1[ms]  :****************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Sequential seek command|    2.1[ms]  :********************************
 Random seek command    |   15.2[ms]  :*************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Seq. read    512B/read |  310.2[KB/s]:*******
 Seq. read  16384B/read | 2643.2[KB/s]:****************************************
 Seq. read  65536B/read | 3187.2[KB/s]:****************************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Rnd. read    512B/read |   23.3[KB/s]:*
 Rnd. read  16384B/read |  585.6[KB/s]:********************
 Rnd. read  65536B/read | 1548.8[KB/s]:****************************************
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+

SCSI Commandのレスポンスは大差無いですが、それなりのサイズのデータアクセスのパフォーマンスは
目に見えて違いますねぇ。
何をするにも 心持ちレスポンスが良くなっているのが体感できます。
DoGA CGA再生を試そうとしたら、コケました。 実はRAM DISKもアクセス不能だった。
で、いろいろ調べると、どうやらMACH2pのメモリソケットに乗せたメモリがイマイチらしい。
まきおさんボードのメモリを乗せ換えたのですが、相性がイマイチだったらしい。
取り外した。RAM DISKも正常に動くようになった。
メモリを取り外した後からは、CGA再生とか試してないです。

以下おまけ。
おもしろ半分で、FDS−120(120MBフロッピードライブ)の
パフォーマンスをチェックしてみた。

>askscsi 6

Machine CPU	: 68030
Machine ROM	: 1.1 91/01/11
Interface	: External SCSI Interface Board (Mach-2) - ROM Level=6416
ID		: 6
Inquiry-Unique	: "IODATA  LS-120 COSM     0247C0AA"
		: (Lbender Lproduct        Lrevision)
Inquiry-Device	: Direct Access Device
Inquiry-RMB	: Removable
Inquiry-Version	: ISO=0 ECMA=0 ANSI=2 (SCSI-2)
Inquiry-Restype	: SCSI-2
Block capacity	: $B40 (1MBytes)
Block size	: 512
Cylinder size	: $200 (no MODE SENSE)
Sec/Track size	: $200 (no MODE SENSE)
Number of Head	:    1 (no MODE SENSE)
Format		: Unrecognized

>dskbench 6 (メディアは1.44MBフォーマットの普通の3.5"FD)

X680x0 DISK Benchmark Version 0.26 Copyright 1993 じゃぎゅあ
Original program:
ASPI SCSI benchmark test V0.2 
 copyright(c) by Tsuru-Zoh, Nov.23,1992

  Initiator is ID7     : SHARP   X68030          0016
  Target device is ID6 : IODATA  LS-120 COSM     0247
  512 Bytes per sector, capacity is 1 Mbytes.
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
        Test mode       |    result   |  Poor |   OK  |  Good | Great | Superb|
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Test unit ready command|    1.3[ms]  :********************
 No motion seek command |    4.1[ms]  :
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Sequential seek command|   25.2[ms]  :
 Random seek command    |   58.1[ms]  :
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Seq. read    512B/read |    5.8[KB/s]:*
 Seq. read  16384B/read |   44.8[KB/s]:*
 Seq. read  65536B/read |   51.2[KB/s]:**
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+
 Rnd. read    512B/read |    3.0[KB/s]:*
 Rnd. read  16384B/read |   41.6[KB/s]:**
 Rnd. read  65536B/read |   51.2[KB/s]:**
------------------------+-------------+-------+-------+-------+-------+-------+

続いて、XVI内蔵の5”FDの結果も添付しときます。

>dskbench f:     (我がXVIの環境ではFDDは F:及びG:になってます)
X680x0 DISK Benchmark Version 0.26 Copyright 1993 じゃぎゅあ
Original program:
ASPI SCSI benchmark test V0.2 
 copyright(c) by Tsuru-Zoh, Nov.23,1992

総セクタ数 1223  1セクタ 1024 バイト
------------------------+--------------
 Seq. read   1024B/read |    5.8[KB/s]
 Seq. read  16384B/read |   35.2[KB/s]
 Seq. read  65536B/read |   38.4[KB/s]
------------------------+--------------
 Rnd. read   1024B/read |    5.6[KB/s]
 Rnd. read  16384B/read |   25.6[KB/s]
 Rnd. read  65536B/read |   38.4[KB/s]
------------------------+--------------

微妙にFDS君の方が頑張っている様子ですな(爆



Go back.

If you have any question, please contact to me.
e-Mail to SHIMSOFT.