スキャナを考える
今現在、ある画像を電子データとして
コンピュータに取り込む場合、いくつ
かの方法が有る。Digital Camera、
Video Cameraを使用してVideo Capture
ボードを使用するとか。しかし、もっ
とも典型的なのはイメージスキャナを
使用する方法である。

 スキャナは大きく分けて3種類の
機構に分類される。スキャンされる用
紙が動くペーパームービング(Paper moving)
用紙が固定されているフラットベット
(Flatbet)、スキャナ本体を動かすハンディ
タイプの3種類。

ペーパームービングは本体の省スペース化
が出来る。簡単に言えば用紙の横幅分あれば
大丈夫。その変わり、再スキャン時の
再現精度が機構上低下してしまう。
何故ならスキャンされるべき用紙の位置が
常に変わるから。
しかし、ペーパームービングならではの
機能が備わっているものがある。
用紙を挿入するとコンピュータ側に
読み取り開始が通知され、自動的に
読み込んでしまうと言う物。これは
スキャンしたい時に必要な操作が、用紙を差し込むだけ
という実にシンプルになっている。
結構良いと思う。

フラットベットはとにかく置き場所が
悩みどころだ。例えばA3サイズ対応の
スキャナだと、ずばりA3サイズ+αの
本体サイズになる。今では厚さ(高さ)
が小さくなっているけれど、平面サイズ
が変わらない限り、場所取りであるのは
変わらないですね。最近Canonが
縦置き型を発表していたと思う。確か
ちょっと斜めに立てかけておくような。
フラットベットの厳しいのは原稿を
挟まないと行けないから、蓋が開けられる
スペースを確保しておかなきゃだめな事。
しかしながら、もっとも精度の高い機構の
スキャナである。
原稿を挟み込んだ後、コンピュータ側で
読み取り指示をする必要が有る。
もしくはスキャナ側でのスキャンスイッチで
コンピュータ側に読み取り開始を通知して
ワンタッチ読み込み出来る物もある。

ハンディスキャナはある意味小回りが
効くのが強み。その名の通りスキャン
ヘッドを手でぐりぐり動かしてスキャン
する。原稿の上を滑らすのだ。
他の機構が、原稿が薄っぺらい紙で
ないと辛いのに対し、本の間のページを
スキャンとかそういうのが比較的簡単に
出来る。しかし、本体そのものが自由に
動いてしまうので精度は悪い。
コンピュータ側でスキャン開始待ち状態に
しておき、スキャナ本体のスタート
スイッチでスキャン開始し、原稿の上で
ずりずり動かす。この時直線移動でなく
ねじ曲げるとねじ曲がったイメージに
なって取り込まれる。

これら3種類はその用途によって選択
すれば良いが推奨はフラットベット。
置き場所に困るようならペーパームー
ビング。製本されている物の間をスキャン
するようならハンディ。

スキャナを接続するインターフェースも
何種類か在ります。よく聞くのは3種類。

RS232Cによるシリアル接続。
ほとんどのコンピュータに接続出来る。
が、データ転送速度がどうしても落ちてしまうので
現在の環境から考えると実用的ではない。
高解像度&24ビットカラーになると
恐ろしいデータ量になる。
転送速度は使用するコンピュータ側の性能と
ソフトのサポート状態によります。

パラレルインターフェース。
双方向通信パラレルによる通信。
多くの場合は専用のパラレルインター
フェースボードが付属している。それゆえに
機種依存し易いが、転送速度は十分確保
出来ると見て良い。

SCSIインターフェース。
かなり良い感じだが、SCSIアドレス一個
食うのと気分の問題ではあるが、HDDと
同じバスにはつなげたくないかも。

USB。
どうなんだろう?(ぉ

それこれいろいろ有るけれども、これらの差はWindowsマシンでは
ドライバで埋められ、スキャナ対応アプリならほとんどのスキャナで
動いてしまう。それを実現するのがTWAIN規格。
ある意味凄い事だ。でもスキャナーそのものの制御が統一されていないところが
悲しいあくまでも ドライバー・アプリケーション間のやり取りを統一したのみ
にとどまる。

そんなこんなでスキャナはフラットベット
がよござんす(笑


Go back.

If you have any question, please contact to me.
e-Mail to SHIMSOFT.