OCNで接続するまで


私の自宅はなぜかISDNも使えない。 NTTへ申込に行くと「接続できません。接続する予定もありません。」と言われてしまった。
地理的には、市街から川1本隔てた住宅街にある。 100mほど東側にラジオ局があり、その影響で28.8kモデムはただつなぐだけでは全く使い物にならない。 なにせモニタ用のスピーカーからラジオの音声が聞こえてくる。 ゲルマラジオが完全に実用になると言えば、判る方には判るだろう。
そんななかでインターネットアクセスをまともにするためには、デジタル−アナログ変換を伴わない方式が良いのは目にみえている。 この際と思ってOCNエコノミーが利用できるアナウンスをじっと待っていた。

1997/12/26
OCNのホームページを見ていたら三原でOCNエコノミーの運用予定が掲載されていた。 早速問い合せのメールを送る。
メール送付後1時間半でOCN INFORMATION DESKから返事が来た。 担当の方から電話頂けるとのこと。 ついで広島支店からもtelあり。 三原支店からtelをもらえると。 どちらも問題なさそうな言い方であった。

1998/1/5〜
これから約2ヶ月、NTTと何度も電話をしていた。 NTTの言うところによると、我が家は電話線路のはずれにあり、損失がかなり大きいのでうまく使えるかどうか判らないそうだ。 OCN本部は止めろと言っていたそうだ。 それでも担当の方はなんとか接続する方向で折衝して、結果的にOKとなった。 この時点で3/13。

3/16
郵送でOCN加入申込書入手。NTTからもTELあり。

3/17
申込書を書くためにルータの認定番号が必要になった。 身近にヤマハのRT-80iを使っている人間がいたので、同じのは止めてNTT-TEのMN-128/DSUを使うことにする。 購入前だがNTT-TE東京へTEL。 すぐにつながって、「購入前」と前置きして認定番号を聞くと、すぐに答えてくれた。 申込書を郵送。

4/2
jpnic whoisデータベースにドメイン名登録される。

4/4
jpnic whoisデータベースにIPアドレス登録される。 NTTから「オープン・コンピュータ通信網サービスご利用内容のご案内」 が届く。

4/10
NTT担当者からtel。 工事は4/16午前に決定。

4/12
Vectra VL2にslackware3.4.0をインストール。 namedを動かすと、ネットワーク上の他の機器に対するアクセスがおかしい。 telnet,ftpなどでコネクトするがログインメッセージが出てこない。 namedを止め、IPアドレスを指定してアクセスするとすぐ接続される。

4/13〜15
上記トラブルシュート。 クラスCよりも小さいネットワークでの名前解決の逆引きには、上位のサーバの情報が必要なためと思われる。 valtanのみ、これでも他の機器にアクセスできない。

後日、上位のサーバと接続できないと逆引きができないことがNetNewsを読んでいて判明。

4/16
OCN工事。 NTT-TEの方が2人で来られた。 10時から12時で作業完了。 テスト内容:NEC LAVIEとAterm55でOCNのホストにping。 接続確認をmailで発信していた。
13:0〜15:0
MN128SOHOを接続した。 pingが半分以下しか通らない。 自ネットワーク内でも同じ。 MN128SOHOをモジュラーから切り離すと良好に動作を始める。 電波障害と思われるので、工事の人が持っていたフィルターを持ってきていただくようtel。 取り付けていただくと全く問題無くなった。 やはり電波障害がここにも・・・・
15:0〜
他の機器のセッティングを始める。 名前解決に始めは時間がかかったが一度取り込み出すと早くなる。 sendmail.cfをCFを使って記述。 valtan-jrからnetscapeでnifty向けにmailを出すと届いているが、from:ns.sssp.mihara.hiroshima.jpとなる。 nsにtelnetでログインし、rootに対してmailコマンドでテストメールを送るが/var/spool/mailに何も残らない。 改めてsendmail.cfを作り直すことにする。

4/18
改めてCFでsendmail.cfを作り直す。 自分自身にmailを送ると問題無く届いた。 fromアドレスもsssp.mihara.hiroshima.jpになっている。 sendmail -bvでテスト。 ローカルもリモートも問題なさそう。 対外テストとしてnifty-serveの自分のアカウントにmailを送る。 受信もOK。 OCNへDNSの取り込みを依頼する。


大雑把ですが、こういった経緯で接続ができました。 あまりに大雑把すぎてわかりにくいとは思いますが、特殊な環境だったということで勘弁してください:-)。 特に、これほど酷い電波障害が起こる所に居られる方は殆どいないとは思いますが、世の中こんな事もあると思っていただければ幸いです。

戻る